Top Page › 雑談 › ユニティ開発者が反課金主義者を「クソ馬鹿」と糾弾!「課金しない奴は馬鹿!ゲームをする資格はない」
2022 · 07 · 16 (Sat) 17:00

ユニティ開発者が反課金主義者を「クソ馬鹿」と糾弾!「課金しない奴は馬鹿!ゲームをする資格はない」

課金しろ馬鹿野郎!!



ソーシャルゲームの開発にもよく使われている、統合開発環境の「Unity(ユニティ)」だが、今後は有料になるかもしれない。すくなくともその利用者は課金を余儀なくされるだろう。

Unityは拡大する市場に注目して利益を追求する方針を決定しました。しかし、いわば疑わしい企業団体であるために、ここ数ヶ月で論争が起きています。しかし、これだけでは不十分なようです。Unityの社長であるJohn Riccitiello氏は、最近のPocket Gamerのインタビューで、ガソリンの缶を火に投げ込むことにしました。

インタビューの間、Unityの社長は、マイクロトランザクションに反対し、継続的な現金化システムをビデオゲームに組み込んだ開発者を「馬鹿げた人たち」と呼びました。

「フェラーリと他の高級自動車メーカーのいくつかは、今でも粘土と彫刻用ナイフを使用しています。いまだそのように機能しているビデオゲーム業界もごく一部にありますが、これらの人々の何人かは私のお気に入りの人々です:彼らは最も美しく、純粋で、そして素晴らしい人々です。しかし、彼らはまた、最大のクソ馬鹿です。

私は誰よりも長い間ゲーム業界にいて、すべてを手に入れてきました。以前は、開発者が壁を越えてパブリッシャーとセールスチームにゲームを売り込み、文字通り事前のやり取りはありませんでした。そのモデルは多くの芸術形態やメディアの哲学に組み込まれており、私はそれを深く尊敬しています。私はあなたの献身と配慮を知っています。

しかし、この業界は、まだその哲学を保持している人々と、製品を成功させるものを理解する方法を大いに受け入れている人々との間で人々を分けています。そして、私は彼らのプレーヤーが何を考えているかを気にしない成功したアーティストをどこにも知りません。これは、このフィードバックループが戻ってくる場所であり、無視することを選択できます。しかし、まったく知らないことを選択することは、大きな決断ではありません」

John Riccitiello氏は、プレーヤーに十分な利用料の徴収をできなかったために、一部のタイトルが失敗したと考えています。


https://www.somosxbox.com/el-presidente-de-unity-llama-putos-idiotas-a-los-desarrolladores-contrarios-a-las-microtransacciones/948369



ユニティには無料版と有料版があって、商用利用でも無料版を使っている人が多いという問題がある。実際、大企業にもそういう会社はいくらでもある。ソニーとかソニーとかソニーとかソニーとかソニーとか、あー腹立つ。

関連記事
Last Modified : 2022-07-16

Comments



非公開コメント