Top Page › ニュース › デジタルファウンドリー「来年発売される新型XboxSeriesVやPS5Proの必要性を感じない」
2022 · 05 · 31 (Tue) 12:00

デジタルファウンドリー「来年発売される新型XboxSeriesVやPS5Proの必要性を感じない」

XboxSeriesV vs PS5Pro




Xbox Series X |SとPlayStation5が2020年11月に市場に登場したにもかかわらず、MicrosoftとSonyの新しいハードウェアに関する噂が早くもオンラインで噂され始めています。TCLTechnologyによると、MicrosoftとSonyは2023年から2024年の間にコンソールの新しいモデルを発売する予定でした。

これについては、特にソーシャルネットワークを通じて、それについて多くのコメントを引き起こしました。ただし、デジタルファウンドリーと同じくらい重要なメディアがXboxSeriesVまたはPlayStation5Proの必要性についても話しているため 、これだけが議論の的となった場所ではありません。

ポッドキャストを通じて話し、特に今後2年間のXboxSeriesVまたはPlayStation5Proの必要性を強調する多数のトピックについて話し合いました。ポッドキャストのメンバーの意見は一致しているようです。3人が中間世代のコンソールハードウェアアップデートの必要性に疑問を呈しているからです。Alex Battaglia氏は、次のことを述べました。

「現在リリースされているPlayStation5とXboxSeriesX | Sにはまだ十分なインストールベースがないため、新しいコンソールは必要ないと思います。新型コロナでの世界全体の供給の制約により、これらのコンソールはより広い制約に投げ込まれました。彼らは非常によく売れていますが、それは彼らがより広いインストールベースを持つことができないという意味ではありません。それは私たちがプロコンソールが必要だと思う領域に入るだからです」

また、ジョン・リンネマン氏は、過去にXbox OneXやPS4Proのようなコンソールが過去に登場したが、この世代で再び登場するという意味はないと話しました。

「PS4 Pro /OneXは2つの理由で機能したと思います。なぜなら、1つは、4Kスクリーンが普及するようになったからです。しかし同じことが8Kスクリーンでは起こらないと思います。

第二に、少なくとも特にMicrosoftの観点からいえば、Xbox Oneがひどくパワー​​不足であり、市場に受け入れられていませんでした。Xboxが機能の面で平均を下回ったコンソールを発表したのは初めてでした。これはXboxブランドには適していないため、XboxOneXは本質的にそれを解決するように設計されています」




https://www.somosxbox.com/digital-foundry-habla-sobre-la-necesidad-de-una-xbox-series-v-o-una-playstation-5-pro/941706



XboxにとってラッキーだったのはXbox Oneが予想以上に売れなかったことで現在の大躍進となった。ソニーには感謝しないとな。

現在、マイクロソフトとソニーが共同で開発している次世代ゲーム機のチップは8Kや4Kでの60fpsを実現するハイエンドのものになる。ただし、市場が求めているのはXbox Series Sの低価格路線で、Xbox Series Xの高性能路線じゃない。

ハード性能についてはXbox One Xレベルが最適だと思う。これに静穏性と低消費電力が加われた文句無いだろう。

だから、新型チップの性能アップ分をそういう方向に向けれれば大成功するんじゃないかと思う。
関連記事
Last Modified : 2022-06-07
409460 名前:名無し 投稿日:2022/05/31 21:10 ID:- ▽返信
任天堂は独自路線、マイクロソフトはハイエンド路線でいいと思う
そして、どちらにもついていけないソニーという構図がより明確に
409484 名前:名無し 投稿日:2022/06/01 00:04 ID:- ▽返信
PS5は排熱とかサイズとかいろいろ新型必要じゃない?
409487 名前:名無し 投稿日:2022/06/01 06:55 ID:- ▽返信
2025年まで縦マルチなんだからPS自体いらない
409491 名前:名無し 投稿日:2022/06/01 07:48 ID:- ▽返信
このままだとクソデカ劣化スマホが死ぬだけじゃないですか

Comments



非公開コメント