『レッド・デッド・リデンプション』馬鹿売れで続編が2017年発売の可能性を示唆

Red Dead Redemption Success on Xbox One Warrants a Sequel


 私たちは『レッド・デッド・リデンプション』の続編を期待しますがロックスターゲームから公式の言葉はまだ何もありません。大ヒットワイルドウェストオープンワールドの冒険はXbox One下位互換性を介して大ヒットしました。また、コンソールへの復帰が成功しており、私たちは続編がXboxOneに来ると信じています!

 『レッド・デッド・リデンプション2』、もしくは何でもいいのですが、いずれにしろファンの期待を満足させる必要があります。それは別のカウボーイ、まったく新しいキャラクター、またはジョン・マーストンの息子ジャックである可能性があります。それとも、ジョン・マーストンのカウボーイになったばかりのころにフォーカスすることも可能でしょう。

 また、実際に『レッド・デッド・リデンプション2』が今年またはいつか来年初めにリリースされることが判明しています。また、毎年恒例だった『グランド・セフト・オート』がないことを判明しています。『マフィア3』が発売されますが、それは2Kのゲーム、ロックスターの姉妹プロジェクトで懸念ではありません。『レッド・デッド・リデンプション2』はハンガーゲームによって開発されていることが事実であり、2Kのゲームパブリッシングになります。

Red Dead Redemption_ Success on Xbox One Warrants a Sequel



 『レッド・デッド・リデンプション』の続編を誰が望んでいるのかというと、それは紛れも無くXboxユーザー。だったら、あればもうXbox独占でもいいんじゃないかと思うんだけどロックスターも4000万台のPS4のエアゲーマーを無視することは出来ないから、マルチプラットフォームになるのはしかたない。

 だったらXbox版は『Xbox Play Anywhere』に対応するべきだろう。もともとマイクロソフトはサードのマルチプラットフォームのタイトルが『Xbox Play Anywhere』に対応する可能性を示唆していたんだから、この『レッド・デッド・リデンプション』の続編こそ、記念すべきサードの『Xbox Play Anywhere』に相応しい。



ロックスター・クラシックス レッド・デッド・リデンプション:コンプリート・エディション 【CEROレーティング「Z」】

¥ 2,980¥ 2,400
タイトル通りオフラインは最高です。ストーリーもネタバレになるので書きませんが予想以上にしっかりしていてラストは感動しました!サブミッション(指名手配犯を捕まえたり、困っている人の要望を叶えてあげたり←おつかいミッション的な) がありポーカーやブラックジャクなどのミニゲームもありますし、チャレンジ(例えば鹿を5匹狩れ!とか薬草を5つ集めろ!とかそういうミニミッションです。)もありかなりボリュームがあります。ですのですぐやることがなくなるという事態にはならないと思います。更に値段も2012年に販売された同じ内容のコンプリートエディションより値下げされお買い得ですし、本来なら別途で金が掛かるDLC(ゾンビが出てくるやつも入ってます!)も最初から全て入っているのでネット環境がない人でもダウンロード不要で安心してプレイできますし、本来なら予約特典だったスピード、体力、スタミナの数値が高く馬の中でも総合力NO.1 の 軍馬 も何故か最初から入ってますしかなりオススメです。 しかし問題はオンラインの方です。オンラインはまだ人がいるのでオンラインプレイしたいのですが他の方の言う通りなかなか接続できない事もあるし、オンラインのミッション等は最大4人までですか例えば最初3人で始めて途中で誰かが加わるとすぐミッションが中断されて初めからやり直しになってしまうバグがいまだに発生しまっくています。


レッド・デッド・リデンプション【CEROレーティング「Z」】

¥ 7,549¥ 4,229
まず、アクションゲームが好きでサクサク進みたい方。次に、FPSやTPSのようなシューティングゲームの延長と捉えている方。そして、フォールアウト3のようなゲームを期待している方。その想像はちょっと違います。レッドデッドリデンプションは超高水準の雰囲気ゲームです。馬に乗って長距離を移動することがよくある(汽車や馬車などクイックトラベル機能もあります)のですが、そこで風景や天候の移り変わり、動物の動きや人の行動に興味を持たないと、ただ目的地から次の目的地へと移動する冗長なものになってしまいかねません。


レッド・デッド・リデンプション【CEROレーティング「Z」】

¥ 4,980¥ 4,970
GTAシリーズで有名なロックスター・ゲームスが開発した1911年のアメリカ西部を舞台にした箱庭ゲーム。いわゆる「西部劇」と言われたときに思い浮かべる風景や世界観がまさにそのまま再現されているといった感じ。最初は操作が独特な部分があって慣れなかったがメインミッションを進めることでチュートリアルも兼ねており、本作のシステムを自然と理解することができる。


レッド・デッド・リデンプション コンプリート・エディション【CEROレーティング「Z」】

¥ 2,780¥ 4,980
PS3版とxbox版どちらも所持していますが、グラや解像度などでxbox版をオススメします。ゲーム内容は同じですが、映像については生えている草木の量、道に砂埃などPS3版では再現できない部分がxbox版にはあります。PC版は結局リリースされなかったので、最高のRDRを遊ぶならこれは迷わずxbox版一択です。ジョン・マーストンという名の、渋い漢のかっこよさ。生き様を堪能してください。

関連記事



コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*広域IPアドレス規制解除。ただしウェブアドレスは書き込みできません。
コメント
>
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ ブログパーツ アクセスランキング