Xbox One後方互換性アップデート!バーンアウトリベンジ、ドラゴンエイジIIなど追加

Xbox One後方互換性アップデート


 6月14-16に開催されるエレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ(E3)2016で、マイクロソフトはXboxOneの後方互換機能にさらに多くのタイトルを解放することによって、イベントを盛り上げます。英国ではこれらのタイトルのいずれも確認されていないものの、後方互換によるゲーマーが増加に対応し、Xbox 360のデジタルコードによる格安セールが始まります。

バーンアウトリベンジ
ドラゴンエイジII
ナイトラウンド4ファイト
フェイブルアニバーサリー
ニード・フォー・スピード:ホット・パースート

先週にはマイクロソフトの公式サイトでこれまで全ての後方互換タイトルが公開され、その中にはこれまで報告がなかった、Hexic 2、マジック2012、わんぱくダック夢冒険:リマスター、 XCOM: Enemy Unknown, SSX, Unbound Saga and Domino Masterの名前が並んでいます。今週も爆風となっています。

 ゲーマーの要求が高騰し続け、最近は後方互換の準備ができたタイトルはすぐにデジタルコードで販売が可能になっています。

 Eurogamerのサイモン・パーキン氏は後方互換対応されたSSXのレビューをアップしました。
「これまでゲームレビューは現在のコンソールゲームや前世代のアップデートされたタイトルのみでした。それが後方互換により古いタイトルのレビューでも興味を持って見てくれるようになりました。これはゲーム業界にとって革命的な進歩です」

 残念ながら、「レッド・デッド・リデンプション」はXboxOneの後方互換のリストには入っていませんでした。昨年のXbox Oneストアで、後方互換希望リストからタイトルが除去されたタイトルのひとつですが、まだ後方互換対応になったというニュースは出ていません。

 しかし、「レッド・デッド・リデンプション」が最終的に後方互換対応になるかもしれないという期待は残っています。もしかするとE3 2016で発表されるかもしれません。

Xbox One Backwards Compatibility Update See What New Titles Will Arrive Prior to E3 Event - The Bitbag




Plants vs Zombies Garden Warfare 2 (輸入版:北米)

¥ 8,445¥ 5,800
日本語版が発表されていないので、北米版を買いました。結果は買って正解。bo3のスピーディな展開に疲れていた私には丁度良いゲームです。兵科のようなものがあり、BFっぽさがあるので戦略的な戦いを楽しめる。BFが小難しそうと敬遠している方にも是非この面白さを味わってもらいたい。もし日本語版が出るなら、是非乗り換えてプレイしたい。それくらい、のめり込んでプレイしています。


Titanfall (輸入版:北米)

¥ 1,465¥ 2,200
正直に言うと、FPSには苦手意識があります。どう頑張ってもキルレシオは1前後をいったり来たりですし、なによりFPSの対戦の多くはゼロサムゲームであることが多く、強い者は容赦せず弱者を狩りまくり、弱者は狩られまくるというバランスである事が多いので、参加プレイヤーは皆必死となり、雰囲気は殺伐とし、自然と暴言も飛び出します。「足引っ張ってんじゃねーよ。カスども。


Battlefield 4 (輸入版:北米)

¥ 2,680¥ 5,480
私はマルチプレイ目的でこちらの北米版を購入しました。未だに日本語版は新品が高いんですよね。プレミアムだとさらに高くて学生には少し酷です(笑)。ストーリーにはバグが多いと聞いていたので、まぁマルチしかどうせやらないし(笑)北米版にしました。BF3もバグだらけでストーリーは結局投げましたから。PS3にはリージョンロックがないので助かりました。普通に日本アカウントでプレイできました。


Dragon Age Inquisition (輸入版:北米)

¥ 6,750¥ 3,200
BioWareはその強力なRPGで有名だが、『Dragon Age: Inquisition』ほどのクオリティを実現できたのは驚きだ。極めて圧倒的な体験であり、あらゆるRPGの中でも最高峰のキャラクター描写を備えているだけでなく、しっかりと洗練されたオープンワールドがそこにある。アート・スタイルやビジュアルの迫真性が没入感を高めているが、本作が特別なのは、分岐するプレーヤー手動のストーリーラインと精巧に多層化された戦闘システムのお陰だ。唖然とするほどの量の台詞や伝承にもかかわらず、このフランチャイズの新規ユーザーも問題なく楽しめるようになっているし、昔ながらのファンは過去の出来事への言及にニヤリとするはずだ。メイン・キャンペーンとは完全に切り離された、楽しいマルチプレーも収められている。止められない長編小説と同様に、『Dragon Age: Inquisition』は止め時が見つからないほどプレーヤーを虜にするだろう。


関連記事



コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*広域IPアドレス規制解除。ただしウェブアドレスは書き込みできません。
コメント

68833 名前:名無し 投稿日:2016/06/02 14:26 ID:- ▽返信
おそらくE3ではもっと大きな後方互換発表ありそうだな。
バーンアウトリベンジは昨年にクライテリオンが言及してたし。

68835 名前:かーまいん 投稿日:2016/06/02 14:44 ID:- ▽返信
パラダイスの方じゃないのか。残念

68841 名前:68833 投稿日:2016/06/02 15:58 ID:- ▽返信
>>68835
あ、ごめん間違えた。
クライテリオンが言及してたのはパラダイスの方。

68892 名前:名無し 投稿日:2016/06/03 21:47 ID:- ▽返信
>>http://forzaxbox.net/blog-entry-9301.html#comment68833
大きな発表とかいらないから、ガンガン互換とって発表してくれればいいよ。
カネがないなら、バーチャルコンソールみたいに買ってもいい。
>
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ ブログパーツ アクセスランキング