【悲報】『デッドライジング4』はマルチプラットフォーム!!!カプコン社員のツイッターから判明

1912264_2.jpg


 『デッドライジング3』はXboxOneの独占タイトルというだけでなく、ローンチタイトルとして2013年にリリースされました。それは非常によく売れています。『デッドライジング4』はそれほど長くない後にリリースされると、カプコンの担当者は語りました。カプコンバンクーバースタジオでアンリアル・エンジン4で作られています。彼らはエピックゲームズとのパートナーシップ契約を締結し、それまでのエンジンを捨てている可能性があります。

 PS4の可能性は『デッドライジング2』がPSハードとのマルチプラットフォームが実現しているので不可能とはいえません。Xbox Oneで開発することで、PS4のユーザーを逃さないように次のエントリは、PS4とのマルチプラットフォームのリリースを選ぶかもしれません。あるいは、XboxOne / Windows10のマイクロソフト独占のルートを行くかもしれません。

 あなたは何で『デッドライジング4』が出ることを望んでいますか?あなたが希望するマルチプラットフォームは何ですか?

Dead Rising 4 Is Currently Being Developed By Capcom Vancouver, May Or May Not Be An Exclusive – ThisGenGaming



 さすがにPS4ってことはないだろう。今の時点で落ち目のPS4を選ぶということは考えにくい。ここは「XboxOneとWindows10でクロスマルチプレイで協力プレイあり」でお願いします。


Quantum Break

¥ 8,532¥ 6,299
今までいくつか似たようなゲーム(シネマティックゲーム?ドラマティックゲーム?)は遊んできたつもりですけど、これはホントの意味で映画と言うかドラマを1クール観ているような気持ちでプレイ出来ます。さっき第1章クリアしたとこですが実写ドラマが本当に目が離せないです。続きが気になってしょうがない・・・。TPSとしても非常に操作性が良くて最高です。時間を使った謎解き(?)もあったりワクワクします。


Ryse: Son of Rome (Greatest Hits) 【CEROレーティング「Z」】

¥ 3,132¥ 2,328
2年前当時のXBOX ONEのローンチタイトルにして既に最高峰のグラフィックを実現。写実的なライティング、高精細なテクスチャ、見事なまでのステージデザイン、芸術的とまで言えるアーキテクトデザインなど超絶クオリティのグラフィックです。その年のSIGGRAPHにてXBOX ONE版の本作がベストリアルタイムレンダリングCG賞を受賞した事からも証明してます。一定のタイトルが出揃った現在でも未だにトップクラスのグラフィックと言って良いレベルでしょう。


Rise of the Tomb Raider 【CEROレーティング「Z」】

¥ 7,452¥ 5,488
追加コンテンツの配信ペースに合わせながらノンビリ遊んでます。一気に遊ぶと飽きちゃいますからね。基本的には前作のフォーマットに準じた内容で、探索と戦闘と移動アクションがほぼ同じ分量で配分されています。ひたすら戦闘ばかりでもないし、延々とパズルをさせられるわけでもない。ムービーやスクリプト演出は控え目でハッタリかますような場面は少なく、あくまでも手動操作を楽しむものです。


Dead Rising 3

¥ 7,452¥ 4,439
デッドライジング3のためだけにXBOX ONEを購入、もし期待はずれの完成度なら色々と文句を言っていたかもしれません。しかし、そんな事を考えていた自分がバカに思えるほどの良作なように感じます。まず圧倒されたのはゾンビの数。数が少ない場所なら過去作のようにゾンビの間をすいすい進めるのですが、密集地帯なんかは「ここ進めんの?」ってレベルでうじゃうじゃいます。レベルが低い初期主人公がゾンビに挑んでフルボッコになるのは歴代デッドラを遊んだ方なら分かるかと思いますが、それでも昔ならやや強引にゾンビ群を突破できた。しかし今回はそんな所に低レベルに突っ込めば余裕で死にます。

関連記事



コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*広域IPアドレス規制解除。ただしウェブアドレスは書き込みできません。
コメント

68744 名前:名無し 投稿日:2016/06/01 09:51 ID:- ▽返信
なんだよ先生、この元記事単なるクレクレの願望記事じゃんか。
ま、でもマルチタイトルになってもおかしくないかもね。
今はサードはマルチ戦略無難だろうしね。
ただPSとの初のマルチになった2は出来が酷かったけどね。
独占に戻った3は本当に出来が良かったからな。

68745 名前:先生 投稿日:2016/06/01 10:15 ID:- ▽返信
いやあ、PSポジの記事の方がアクセス伸びるからネェ。PSポジな記事が物凄くニーズがあるのはわかってる。連中、タイトルしか見ないから記事なんてどうでもいいし、はちまみたいな3行翻訳でも満足するからねぇ。でも、コメント残さないから嫌なんだよ。
コメントが伸びるならPSポジな記事も増やしても良いよ。

68746 名前:かーまいん 投稿日:2016/06/01 10:33 ID:- ▽返信
3がXbox独占だったがマルチになっても気にしないぜ。この世代で巻き返しよりももう気持ちは次世代機で見返したるぜ、だから(笑)

68747 名前:名無し 投稿日:2016/06/01 10:37 ID:wdi4OjGg ▽返信
最近のカプコンは分かりやすいくらいPS贔屓だからマルチじゃないか
スト5の失敗で小野もPS4独占にしたいとは言いにくいだろうけど

68764 名前:名無し 投稿日:2016/06/01 16:15 ID:- ▽返信
>>http://forzaxbox.net/blog-entry-9297.html#comment68745
IPみれば分かるだろうけど先生、俺は結構コメしてるぞ~
言っておくけど、ゴキじゃないからね。

68765 名前:名無し 投稿日:2016/06/01 16:20 ID:- ▽返信
>>http://forzaxbox.net/blog-entry-9297.html#comment68747
スト5はもう販売目標未達で失敗の烙印押されちまってるからね。
大会ではXBOXで行うくらいなのに、ハブッたから尚更に落ちたんだろうね。
ダイゴとかももちとか世界のプレイヤーのドキュメントをWOWOWで見たけど、
彼ら家でも完全にXBOXで練習してるね。EVOとか大会見たら、XBOX使ってるんだな。
表向きPSスポンサーなのにw やはり遅延なんだろうね。
それに日本では売れてなくても海外では無視できないくらい売れてるからね。
実際米国の売り場見ると、PSより売り場大きいところも珍しくないくらい。

68766 名前:名無し 投稿日:2016/06/01 16:21 ID:- ▽返信
デッドライジング3はマジで傑作だったな。
デッドライジング3のシステム、エンジンで
1をリメイクしてくれたら最高なんだけどなー
やっぱりゾンビものはショッピングモールでないと。

68767 名前:先生 投稿日:2016/06/01 16:54 ID:- ▽返信
1はトリガーで銃が撃てないところがマジ萎えた。
なんなんだ、あのクソ操作性。

68768 名前:名無し 投稿日:2016/06/01 17:11 ID:- ▽返信
途中で切るなよ、もう一度言うぞ

68784 名前:名無し 投稿日:2016/06/01 21:08 ID:- ▽返信
>>http://forzaxbox.net/blog-entry-9297.html#comment68767
確かに1の操作性はアレだったな。
3のエンジンとシステム、そして3の操作性で1を作り直してくれると嬉しいな。
Dead Rising Definitive Editionとかで。まずないだろうけどさ。
でもE3は色々出て来そうで楽しみだなー

68790 名前:名無し 投稿日:2016/06/01 22:38 ID:- ▽返信
4は巨大遊園地がいいな。
マルチだとPSに足引っ張られるからカンベンカンベン

68799 名前:名無し 投稿日:2016/06/02 01:57 ID:- ▽返信
ってか3も普通にPCとのマルチだったけどな
ゴミ捨てがハブられてただけで

68813 名前:名無し 投稿日:2016/06/02 09:11 ID:- ▽返信
ホットなニュースがなにもないゴキブリさんよー。いちいち暇だからって突っ込んでくんなよなーまったく。
まあ気持ちはわかるよ

68846 名前:名無し 投稿日:2016/06/02 16:14 ID:- ▽返信
>>http://forzaxbox.net/blog-entry-9297.html#comment68790
巨大遊園地はつまらん。実際、2がそれに近かったじゃないか。
やっぱりゾンビものは巨大ショッピングモールだろ。
G.A.ロメロのDAWN OF THE DEADが基本。
実際は1は面白かった。3も面白かったけど。
>
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ ブログパーツ アクセスランキング