『鉄拳7』に搭載された最強コピーガード“Denuvo”が発売後たった4日で突破されてしまったワケ

『鉄拳 7』 PS4版は900p 60fps、PS4 ProとXboxOne版は1080p 60fps

 『鉄拳7』のPC版は洗練された傑作であることは間違いありません。実際は今週のスチームで2番目のトップセラーとなっています。また多くのAAAタイトルと同じように『Denuvo』によって保護されていました。予想どおり、このゲームはすでにクラックされています。

 『鉄拳7』は6月2日にリリースされ、わずか4日間でクラックされました。

 『バイオハザード 7』Iと『RiME』が5日間でクラックされましたが、『マスエフェクト:アンドロメダ』と『PREY』は10日間持ちました。

 『鉄拳7』のPC版はPS4版とまったく異なり、接続問題が発生しません。オンラインモードは信じられないほどうまく機能しています。

 バンダイナムコがDenuvoの使用を取りやめることを期待しています。結局のところ、ゲームがすでにクラックされているという事実を考えれば、それを使用しつづけることには何の意味もありません。それだけでなく、PC版の売上を押し上げることになるでしょう!


TEKKEN 7 has been cracked in just four days, making this the fastest Denuvo-powered cracked game



 『Denuvo Anti-Tamper』はソニーDADCから独立してできたDRM専門の会社。

 『Denuvo Anti-Tamper』を使用したタイトルはディスクに不必要な書き込みをしてSSDの寿命を大幅に下げるということが指摘されてる。

 『鉄拳7』がクラッキングされたといってもDRMが解除されたというわけじゃない。それはハッカー集団がクラッキングに成功したと報告しながら、個々のPCのハードウェア情報を集める必要がある旨を強調する書き込みをしていることからも明らかだ。

 つまり、クラッキングが成功したのはハッカー集団のPCだけ。それ以外のPCではプロテクトは解除されていない。『Denuvo Anti-Tamper』が恐ろしいのはそこ。『Denuvo Anti-Tamper』はインストールされたPCごとに異なるキーを行っており、PCが異なればプロテクトも異なる。






鉄拳7

¥ 8,856¥ 6,978
アップデート待ち
オンラインでマッチングが全然しないので、アップデート待ちです。それを待ってから購入でも遅くないかもしれません。         


鉄拳7(【予約特典】1追加プレイアブルキャラクター吸血鬼『エリザ』がもらえる特典コード 2開発スタッフ描き下ろしキャラパネル7種がもらえる特典コード 配信 &【早期購入特典】アーケード版『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』で使用できるアイテム3種のシリアルコード 封入)【Amazon.co.jp限定】PS4版「鉄拳7」テーマ 配信

¥ 8,856¥ 8,856

メールは届いたんて打ったシリアルコードはエリザだけでした、他の七種の書き下ろしがないのは何故ですかね              


鉄拳7 - XboxOne

¥ 8,856¥ 7,214
発売してくれただけで御の字
箱一応援のために購入したが、Xbox OneSでもノーマルPS4より低い解像度&コンシューマー版最長のロード時間は流石に擁護しようがない。オンライン不具合はまもなくパッチで改善されるだろうが、箱ユーザーの少なさ及びこの評判ではいつまで対戦相手がいることやら…ともあれ箱一で(しかも国内で)発売してくれた事だけは感謝。余談だが海外でのみHORIから箱一用ファイティングコマンダー、鉄拳7スティックが発売中。欲しければ海外Amazonにレッツアクセス。


【PS4対応】鉄拳7対応スティック for PS4

¥ 33,460¥ 19,418
ワイン持ちでも持ち上がらない良重量
凄く重量があるのでワイン持ちな私が使ってもアケコンが持ち上がらずプレイできます。サイズは同じノアールのMADCATZから出てるキャリバーのアケコンより一回り大きいです。あっちよりともレバーが少し長めかな。山ステしやすいレバーです。すぐ使えないというレビューありましたが私のPS4ではどのアカウントが使用するかPS4本体から確認があったあとすぐに使えました。

関連記事


コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*「http:://www.」は書き込みできません。
コメント

117049 名前:名無し 投稿日:2017/06/08 15:54 ID:- ▽返信
複数のPC環境のデータが必要なのはそのゲームにかかってる
プロテクトのクセを見つけるためで
最近流行りのやつは環境エミュ
それが先生の書いてるクラッカーのプロテクト解除されたって奴だな
環境エミュはクラッカーのPC環境を違うPCでもそのプロテクトが解除されたPCと同じに見せる
この手法だと、Denuvoが更新されようがプロテクトそのものの仕様を変えないといけなくなる
で、実は発売前から既にプロテクト解除用環境エミュできてるけど
クラッカーもゲーム業界に喧嘩売りたいわけじゃないから
わざとインターバル置いてたんだが
最近、新進気鋭のグループが現れてそいつらが早漏気味にクラックファイルを流しちゃってるのが
今の状態

117118 名前:名無し 投稿日:2017/06/09 12:55 ID:- ▽返信
てかさ、クラッカーは処罰の対象外なの?ってぐらい放置されてるよな

まぁ特定する方法も無いし仕方ないのかもしれんが
>
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ ブログパーツ アクセスランキング