スコルピオのCPUはPS4プロと同じ『Jaguar』だった! スコルピオはどこへ行くんだよ?

Microsoft talks Project Scorpio and the end of the console generation

 Digital Foundryは「当然のこと」として説明を端折っているようだが,あらためて確認しておくと,Scorpioは,PlayStation(以下,PS)4に対するPS4 Pro的な,現行モデルであるXbox One(およびXbox One S)の高性能版という位置づけになっている。PS4とPS4 Proの関係と同じように,Scorpio専用タイトルというものは登場せず,既存,そして将来のXbox One用タイトルは従来版Xbox OneでもScorpioでもすべて動作することになる見込みだ。
 では,高性能版Xbox Oneならではの要素は何かというと,上位の映像体験,具体的には「4K」(≒3840×2160ピクセル解像度)と「HDR」(High Dynamic Range)ということになる。HDRのほうはXbox One Sで先行対応しているものの,「4KとHDR」こそがScorpioの提供する要素という解釈は,大筋では間違いないだろう。

CPUコアアーキテクチャはJaguarのまま。互換性重視の“半”次世代機的な位置付けに

世界市場におけるXbox Oneは,スタートダッシュの失敗もあって,PS4ほどの成功を収めていない。そのためMicrosoftはScorpioを「仕切り直し版Xbox One」的な,事実上の次世代機として出してくるのではないかという雰囲気が,E3 2016のタイミングではあった。そのため筆者もCPUコアアーキテクチャ刷新の可能性を考えていたのだが,結局,CPUのマイクロアーキテクチャは「Jaguar」(ジャガーもしくはジャギュア)に留まり,改良版としての「Jaguar Evolved」を採用することになったようだ。

西川善司の3DGE:「Project Scorpio」はどこへ行くのか



CPUがポンコツプロと同じJaguar
やる夫33

ポンコツプロの不細工なブーストモード


スコルピオのアメイジングなブーストモード(´・ω・`)





PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

¥ 34,100¥ 1,600
音静かだし、なにも申し分ない(ちょっと熱さが怖いけど)
アマゾンのアウトレットでも5万4千円くらいで定価よりも6千円くらい高いです。ソニーストアなら定価(44,980 円+税)で買えます。ストアなら有料ですが長期保証もつけられますし、今は入荷待ちになりますが待てるのならソニーストアで買った方がいいです。


PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)

¥ 37,778¥ 34,100
音静かだし、なにも申し分ない(ちょっと熱さが怖いけど)
silmよりproの方が優れている点や違いをまとめました。                                       ・


PS4 PRO 冷却 新型 PS4 PRO 専用版 コントローラー 充電スタンド KINGTOP コントローラー2台同時充電 PS4本体冷却ファン有 USBハブ3ポート PS4 PRO コントローラー クーラー 軽量 薄型 スタンド プレーステーション4 PRO専用 日本語説明書付き

¥ 30,543¥ 2,280
好感度MAXメーカー
PRO機種専用設計で、ドッキングにロック機能はありませんが、ガッチリ保持されています。設置後に震度3地震がありましたが、その程度ではビクともしないです。裏面の滑り止め機能もかなり高性能です。冷却ファンの風量もかなり多いです。PS4は発熱量がかなり高いので、夏場にはこの製品が必需品になるかも。ファン音はそれなりにしますが、耳障りというレベルではないです。風量から考えれば、充分許容範囲かな。オン/オフ機能もあるんで便利。


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

¥ 32,378¥ 30,543
【画像あり】1200型からの買い替えレビュー
CUH-1200AB01から買い替えましたので、比較レビューを書きたいと思います。①まず大きさですが、1200型と2000型を並べたものが画像1枚目になります。一回り小さく、薄くなっています。②HDDの交換ですが、画像2枚目の通りこれまで同様簡単にアクセスでき、交換が可能です。私は1200型で使用していたSSDに換装しました。2000型標準装着のHDD(500GB)は東芝製でした。ちなみに1200型(500GB)ではサムスン製のものでした。

関連記事


コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*「http:://www.」は書き込みできません。
*禁止ワード「惨めなおっさん」「惨めなおっちゃん」
コメント

108455 名前:名無し 投稿日:2017/04/12 10:21 ID:- ▽返信
今まで違いがよくわかってなかったけど
動画見てやっと理解できたわw

108456 名前:名無し 投稿日:2017/04/12 10:35 ID:- ▽返信
ジャガーベースとは言っても超ローレイテンシ他
GPU同様にかなり深いレベルのカスタムが成されてると
デジタルファンドリーで言ってるじゃん。

そういう所には触れないでジャガーと連呼するのもな。
元記事の西川もその部分は省略しちゃってるしな。

108457 名前:名無し 投稿日:2017/04/12 10:37 ID:- ▽返信
西川もスペックを淡々と解説はしてるけど、
PS4Proより上とははっきり書いてないよなw
と思ってたら4Gamerかw 道理でw

108464 名前:名無し 投稿日:2017/04/12 11:35 ID:- ▽返信
>>http://forzaxbox.net/blog-entry-11016.html#comment108457

元記事全部読むとそうでもないよ。
すべてがPS4準拠になってしまうポンコツPROと、
専用アセットが許されてるスコルピオでは設計思想が違うから単純な優劣はないと明言は避けつつも
カスタマイズされてる部分で性能自体はスコルピオの方が相当高いってことは認めてる。


108465 名前:先生 投稿日:2017/04/12 11:45 ID:- ▽返信
ASUSのゲーミング4Kディスプレイ面白いな。
画面の中央に照準器(グリッド)が表示されるw

108467 名前:名無し 投稿日:2017/04/12 11:52 ID:- ▽返信
これじゃあクソニー安穏としてられんぞってな書き方してるもんね。暗に。
これで価格が5万以下に抑えられたらポンコツプロは間違いなく死ぬ。

108480 名前:名無し 投稿日:2017/04/12 13:33 ID:- ▽返信
微妙

108484 名前:名無し 投稿日:2017/04/12 15:00 ID:- ▽返信
>>http://forzaxbox.net/blog-entry-11016.html#comment108467
MSも今回は本気だし、北米399ドルとか429ドルとかでしょう。

108486 名前:先生 投稿日:2017/04/12 15:45 ID:- ▽返信
ソニーが馬鹿だなと思うのはもともと異業種で本気じゃないマイクロソフトに
「撤退しろ!負けを認めろ!」って煽ってることでしょ。

108487 名前:名無し 投稿日:2017/04/12 15:53 ID:- ▽返信
>>http://forzaxbox.net/blog-entry-11016.html#comment108464
ただその設計思想の違いってのも、西川に言わせると
P4プロは「フルHD比で2倍の画素数を使って4K表現を行う,疑似4K」
対して蠍は「ネイティブ4K」だから
目指す方向は一緒で、ただハードルの高さが違うだけなんだよなあ

まあ「コンセプトの違いと捉えるべき」って言いながら
P4プロのほうが優れてる点をまったく挙げられない時点で
お察しなわけだけどw
>
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ ブログパーツ アクセスランキング