2017年XboxOne大予測!Play Anywhereサードへ拡大、スコルピオ399ドル、『Halo 6』発売!

北米でXboxOneSが249ドルに値下げ!PS4追撃にマイクロソフトの本気キターッ!

1. Play Anywhereプログラムの拡張
xbox-play-anywhere.jpg

 マイクロソフトはE3 2016からのPlay Anywhereを開始しました。このプログラムにより、Xbox Oneでゲームのデジタルコピーを購入したゲーマーは、同じゲームをPCで追加料金なしでプレイできます。

 このことはマイクロソフトはEAとの関係強化によりさらに進化させることができます。EA AccessとリンクすることでXboxで購入したゲームをPCでプレイできるようになるかもしれません。

2.プロジェクトスコルピオが399ドルで販売
snaps-project-scorpio-about-e3-2016-on-ignarjpg-c1f4db_765w.jpg

 マイクロソフトはプロジェクトスコルピオが6テラフロップのネイティブ4Kとして宣伝しています。しかし、マイクロソフトが新しいコンソールに賢明な価格を設定できない限り、それは世界のパワーバランスを変えたことにはなりません。Xbox Oneが出発点からひどく出遅れたのは最初の価格が500ドルだったことです。ゲーマーは非常に価格を重視しています。Xboxチームはこの経験からプロジェクトスコルピオは399ドルになるでしょう。

3. 『Halo 6』はE3 2017で発表され、スコルピオと同時発売される
halo-5-trailer-firefightoptimal-900x400.jpg

 『Halo 5』は間違いなくシリーズの最高のマルチプレイヤーモードを持っています。スキルベースのガンシステムとバランスはこれまでと同じくらい良く、フォージモードはゲームの寿命を大幅に延ばしました。しかし、キャンペーンはかなり不足していて、非常に不満足なものでした。ウィークストーリーモードではマスターチーフとスパルタンロックは魅力的なキャラクターでしたがシリーズのファンは間違いなくこの次に来るものに期待しているのは間違いありません。

 マイクロソフトでは、新しいキラーコンソールであるプロジェクトスコルピオに最適化された真のキラーアプリが必要になるだろう。そして『Halo 6』は世界中の人々が期待しており、Xboxの象徴となるゲームです。『Halo 6』はスコルピオと同時リリースを予想します。

Xbox One: Three Bold Predictions for 2017



 『Play Anywhere』を語るうえで重要なのは、PCとマルチで出たXboxOneのゲームはXboxOne独占タイトルなのか独占タイトルではないのかということ。

 「PCでプレイできるんだからXboxOneは必要ない。だからXboxOne独占ではない」というのがゴキブリの主張だけど、じゃあPCとマルチとなった『ノー・マンズ・スカイ』や『ストリートファイターV』はどうなのかというとPS4独占タイトルになってる。

 PS4タイトルはPSVITAやPS3との縦マルチでも『PS4独占』タイトルに列挙してるが、だったらPCはマイクロソフトプラットフォームなんだからXboxOne独占に列挙してもいいじゃないか、という主張には露骨に反対してる。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4144547702871264"
data-ad-slot="3310305583"
data-ad-format="auto">





Xbox One S 1TB Halo Collection 同梱版 (234-00062)

¥ 37,778¥ 36,051
ゲームソフトとUltra HD BD再生機能が付いて、とてもお買い得感が高い製品だと思います。正直ps4とまよったがps3でたりていたので新しさを求めて買いました。ネットに繋げれば無料ゲームや体験版が出来ます。初のアップデート時間はネット環境により掛かる時間が長いのがデメリットです。ゲーム映像がこんなにも進化したのかと驚きました。付属ソフトはまるで映画ゲームな感じです。後、気になるのは日本のソフトがすくなすぎなので頑張って貰いたい。本体を買ったらx boxステレオヘッドホンをお勧めします。


Xbox One 500GB バトルフィールド 1 同梱版 (5C7-00265)

¥ 29,980¥ 24,350
19800円。本来xbox oneを買う予定は無かったのですが、あまりの安さに気が付いたら購入。本体が手元に届きネットに繋いでみて、何に驚いたって本体価格以上にぶっとんだ、ダウンロードソフトの安さです。たまたま購入時期が年末だったため、xbox年末セールの真最中だったこともありますが、その価格は衝撃的でした。『ロストオデッセイ』が無料!? xbox360で80時間くらい遊んだRPGだぞコレ。


Xbox One 500GB (Halo: The Master Chief Collection 同梱版) 5C6-00098

¥ 32,378¥ 26,680
                                                                 


Gears of War 4 [日本語字幕サポート] (輸入版:北米)

¥ 6,849¥ 6,749
ギアーズ最新作が日本語ローカライズされないと知って嘆くも、本体の設定言語に合わせて「字幕」が表示されると聞いていたけど半信半疑だった。どうせ本編だけでシステム周りは英語なんだろうと・・・。しかしどうか!ほぼ完全日本語ローカライズじゃんんん!!しかも北米版でこれか!そして・・・さよならCEROよ!お前らの努力はもう無駄だわw

関連記事



コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*「http:://www.」は書き込みできません。
コメント

92304 名前:名無し 投稿日:2017/01/01 18:46 ID:- ▽返信
やろうと思えばWin10ゲーがXB1で動く!みたいな理屈にもできるな

92315 名前:名無し 投稿日:2017/01/01 22:00 ID:- ▽返信
ロンチでの$100の価格差が無ければ、性能云々を別にしても流石にここまで水をあけられる事は無かっただろうとは思う

92347 名前:名無し 投稿日:2017/01/02 09:00 ID:- ▽返信
今年から来年にはVRの無線化が当たり前になる

92365 名前:かーまいん 投稿日:2017/01/02 13:10 ID:- ▽返信
明けましておめでとうございます。
今年のスコルピオと一緒にHalo6はでないと思う。でもそれに見合った大型新規IPの用意はしてると思う。
予想としては
2017新規IP
2018Halo6
2019ギアーズオブウォー5(映画と同時期)
になると予想!!
>
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑ ブログパーツ アクセスランキング